一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り、働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成27年6月30日から平成30年3月31日までの3年間

2.内 容

目標1:次世代社員を育成するため、ライフワークバランスの充実を図る
  • <対策>
  • ●所定外労働時間の削減のため、就業時間の弾力的運用を行う。
    ●ゆう活を推進するため、始終業時間を6月から9月の間、9時~18時を8時~17時に変更する。
    ●メリハリの効いた職場環境を整備するため、毎週金曜日をカジュアルフライデーとする。
目標2:産前産後休業や育児休業、介護休業など、制度の周知や情報提供を行う
  • <対策>
  • ●社内イントラにて制度の周知を行い、あらたな情報を掲載する。
目標3:社員と家族の健康増進を支援する
  • <対策>
  • ●海上勤務者(船員)を対象とした産業医制度の導入を推進する。
    ●人間ドック節目検診受診者の負担軽減を推進する。
    ●配偶者特定健診受診率向上に向け、オプション検査等の補助を推進する。
目標4:船員のインターンシップ等の就業体験機会の提供
  • <対策>
  • ●体験乗船制度への受入を継続実施(平成14年より継続)