NIPPON EXPRESS GROUP

日本海運株式会社

一般事業主行動計画

general business owner action plan

日本海運の一般事業主行動計画についてご覧いただけます

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り、働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間

2018年4月1日から2021年3月31日までの3年間

2. 内容

目標1
次世代社員を育成するため、働き方改革を推進する

< 対策 >

  • 所定外労働時間の削減のため、就業時間の弾力的運用を行う。
  • 年次有給休暇の取得率を向上させる。
  • 自由闊達かつ快適な職場環境構築に向けた取組みの一環として、ビジネスカジュアル勤務による運用を行う。

目標2
産前産後休業や育児休業、介護休業など、制度の周知や情報提供を行う

< 対策 >

  • 社内イントラにて制度の周知を行い、あらたな情報を掲載する。

目標3
社員と家族の健康増進を支援する

< 対策 >

  • 海上勤務者(船員)を対象とした産業医制度の導入を推進する。
  • 人間ドック節目検診受診者の負担軽減を推進する。
  • インフルエンザの発症および重症化を予防するため、予防接種費用の補助を行う。
  • 配偶者特定健診受診率向上に向け、オプション検査等の補助を推進する。

目標4
船員のインターンシップ等の就業体験機会の提供

< 対策 >

  • 体験乗船制度への受入を継続実施する。